オーディオ環境改善(2) 吸音材ホワイトキューオンの使用

 吸音材を画面の反射面に貼り付けてみます。

 先ずは吸音材の選定です。色々売っていますが、ロックウール、グラスウールは効果は高いですがチクチクする素材が飛ぶので住宅環境上に避けたいです。設置後は触らなければ大丈夫そうですが、ペットや家族がいるなら避けた方がよいです。アスベストほどの健康被害はないですが、チクチクしてうっとうしいです。

 残るメジャーどころはウレタンファームの吸音材ですが、上記2つに比べて効果が薄いようです。いい物がないかとしばらく調べて見つけたのがホワイトキューオンです。
https://www.bouon.jp/acoustic/

 グラフを見る限りグラスウールに匹敵し、DTMでよく見かけるミニソネックスより効果があるようです(メーカーが出しているグラフなのであまり当てになりませんが)。お値段も手頃なのでこれにしました。そのままですと白くてまぶしいので不繊維でカバーを作ります。amazonさんが安かったです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07KXCD9HP/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o09_s01?ie=UTF8&psc=1
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004X3800M/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1
  見た目を変えたいだけなのでくるんで両面テープで貼り付けるだけで完成です。

 6枚購入して左右のスピーカーの後ろと横、後ろ隅に設置し、前後で測定した結果がこちらになります。

Before

After

  1kHzまわりのでこぼこがちょっときれいになり、5khz周辺の左右のばらつきも改善、聴感上は高域が結構ドライではっきりした音になりました。効果は確認できましたが、これがいい音かどうかは好みの問題だと思います。吸音材がない方は悪く言うとモヤモヤしていますが、よく言うと柔らかく、聴き疲れしない音になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。