オーディオ環境改善(1) スピーカー位置調整

 ここ2年ほどオーディオまわりを色々いじって一通りのチューニングは試したので結果をまとめていきます。コンセプトはオーディオに何十万もかけたり、住宅環境を犠牲するガチ勢にまでなるきはないけど、気軽に出来る範囲で環境を改善するです。

 オーディオ環境改善に最も効果的なのはスピーカー位置の調整でしょう。DAコンバータとかインシュレーターやスピーカースタンドの素材とかケーブルとか、そんなのよりよっぽど音が変わります。下手するとスピーカー本体なみに音がかわります。 基本的にスピーカーに近いほど影響は大きくなるのでその順番で調整するとよいです。

 方法は詳しく説明するサイトがいくらでもあるのでそちらを検索してください。こちらのサイトが詳しいです。
https://digireco.com/monitorspeaker_setting2018/
 スピーカーの高さを変える効果を簡単に知りたい場合、スピーカーの前で音を出しながらスクワットをしましょう。 帯域バランスがかなり変わります。 丁度いい高さのスタンドはそうそうないので高さ調整できるスタンドを買うか、自作しましょう。こちらはかなり珍しい高さ調整可能なスタンドです。
K&M 26772 & 26774
SS-032R

 置き方でかなり音がかわるので先ずは教科書通りにセッティングし、好みに合わせてく細かく調整しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。