ローパスフィルターで吹奏楽器を再現

ブラス音源を使うときはボリュームのオートメーションを書いて息の吹き込みの強さを再現しようとしていたのですが、これだと単に音量が変わるだけで吹き込みの強さはあまり変わった気がしません。物理モデリング音源でもないとココまでは再現できないのかと思っていましたが、ローパスフィルターを使うと結構それっぽくなりました。

弱い息の時ほどローパスフィルターでハイを削ると、ボリュームを上下するよりは息っぽくなります。細かく追い求めるときりがないですが、これで結構良くなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。