Androidの広告対策をAdGuardアプリからAdGuardのDNSサーバーへ変更した

 広告対策アプリのAdGuardを利用させていただいてたのですが、バッテリー消費をみると9割も占めていました。Android 9からはOSの設定からDNSを設定でき、AdguardのDNSサーバーを使用すればほぼ同じ機能をVPNアプリを使用せずに利用できるのでそちらに移行しました。

 以下のAdGuardのサイトの私たちのサーバーアドレス -> DNS-over-TLS 下にDNSアドレスがあります。

https://adguard-dns.io/ja/public-dns.html

 これを参照して、Androidのwifiとかネットワークとかの設定 -> プライベート DNFを開き指定されたプライベートDNSにdns.adguard.comと入力します。AndroidはDoTのみでDoHは受け付けないそうです。これでDNSサーバーがAdguardのものになっただけでなく、DoTでDNSサーバーに接続されます。パブリックDNSはどこを通っているか分からないので使用する場合はDoTかDoHとセットにしましょう。AndroidではブラウザでなくOS側で設定するようですね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。